2015年11月14日
【評価:4.4/5.0】
 
【一言】
こんなコンビを待っていた!
時代からして“古き良きTheスパイ”って感じがGood!
 
 
『史上最高にセクシーで、史上最悪の相性の、史上最強のスパイコンビ、登場。』
コードネーム U.N.C.L.E.
  • (原題:The Man from U.N.C.L.E)

 

 

目次

  • 【STORY】
  • 【詳細】
  • 【感想】

 

 

 

【STORY】

東西冷戦の下でソ連と米国が睨みをきかせ合っていた1960年代前半。
 ウラン濃縮技術を開発し強化した核爆弾による世界の破滅を防ぐために2人のスパイからなるコンビが結成された。
 1人は米国の凄腕だが女に弱くプレイボーイのCIA諜報員ナポレオン・ソロ。
 1人はソ連のKGBに所属する真面目で一流だけれども短気なイリヤ・クリヤキン。
 米国とソ連。誰も想像していなかったこのコンビ。相容れぬ2人は世界を救えるのか!?


【詳細】

監督:ガイ・リッチー
原作:0011ナポレオン・ソロ
上映時間:116分
日本公開:2015年11月14日
出演:ヘンリー・カヴィル,アーミー・ハマーand more.
HP:

wwws.warnerbros.co.jp

 
 
 

【感想】


 「シャーロック・ホームズ」の監督の最新作!
 相変わらず良い映像!バトルシーンはもちろん、こだわったコマ振りや画面分け、音楽など細かいところが秀逸!

 
 軸となるストーリーはスパイ映画の王道。でもソ連と米国のコンビが超新鮮!全く飽きないつくりでした。

 そしてこのコンビ、確かに史上最高!
 これは続編が欲しいですね〜。
 こだわったのかな?…こだわったでしょ!
 あの流れるような画面割、自分は大好きでした!クールでしたよ!
 何より、“ニヤニヤ”の入れ方が上手い!直接笑わせるんじゃなくて変化球?というか、“クスッ” “ニヤニヤ”の笑いなのが良いです!
 ただ、このコンビの良点、悪点をもっと活かしたシーンを盛り込んでも良かったかもしれないです。

メイキング映像

eiga.com



 

 「60年代前半、核爆弾による世界の崩壊を防ぐためにスパイが活躍する」これは王道中の王道。(スパイが何度核の脅威から世界を救ったことか…笑)
 でも、そこに敵同士だった米国とソ連をコンビとして組ませるなんて!
 しかもそのコンビがまた最高!双方ともに欠点あり、優点あり。でもそこが良い!
 イリヤは短気だけどスパイとして一流。ソロはファッショナブルなプレイボーイで明るいけど少し抜けてる…。
 感じかたなので言葉では表しにくいんですが…自分にとってはこのコンビ、数多あるコンビ作品の中でもかなりの良コンビだと思います!
 
 

 上に書いたようにストーリーは王道のスパイ映画。でもそこに合わせた要素が素晴らしいです!
  『王道スパイ+良珍コンビ+コメディ』
 この“コメディ”がまた重要な要素だと思います。「007」にも、「MI:」にも笑いの要素はほとんどなくガチスパイだったのに対し、今作はしっかりとコメディ要素が入っているので飽きないし、楽しいんです!
 しかもその笑いをこの映画でした出来ないような、時代設定やコンビ設定を上手に活かしているというのが良いですよね。
 本当はここで語りたいんですが…ネタバレになっちゃうんですよね。なので少しだけ。
特にボートチェイスのシーン、拷問のシーンは最高でした!(少しでも共感する方がいれば幸いです。)
 あ、あと盗聴器も(笑)
 
 

 映像にこだわっていましたね〜!
 まさに「格好いい映像」。映像、映画自体が格好いいんですよ!
 例えば画面割りやコマ割り。
 まるで漫画を読んでいるかのように画面を割って作られたコマに映る映像を楽しんみました。しかも、今作はそのコマ割りが細かいんですよ。そして各コマ1つ1つの動きが激しくて細かい!(コマだけに?笑)
 自分は大好きな演出でした!
 
 チェイスシーンも見事でした。映し方に凝っているんですね。特に山、野原での3台チェイスは。
 まずは1台目一人称視点でチェイス…ズームアウトして全体の状況を見せたあとに2台目で一人称視点。……というようにコロコロと視点が変わったり、全体の状況が把握できたりとこれまたナイスな撮り方です!
 開始からすでに超クール!……というか、いつ本編が始まったのか分からないくらいです。
 映画本編の前には必ず製作スタジオや配給会社のロゴが映されますよね?そこから本編導入までの流れが見事でした!
 
 

 ただ、「宝の持ち腐れ」感は否めませんでした。
 確かに最高のコンビなんですよ!今作でも一応2人の個性を活かしつつ協力してました。
 ただ、もっと2人の個性を出したストーリーにしても良かったと思います!
 せっかく性格が真逆の2人で、しかも出身がソ連と米国のコンビなんて素晴らしいじゃないですか!
 この点をもっと全面に押し出した展開にしてくれると良かったと思います。
 
 
 

 それから、音楽、音をかなり効果的に使っていました!
 例えば走行中の車の外からの視点の時には中の会話が聴こえなかったり、大きな音楽を登場人物の「黙れ」という合図と同時に消したり。
 
 
 

 時代設定については言うまでもなくしっかりと。
 この時代が舞台だと「あ〜スパイっていいなぁ…。」と思わせるような映画になることが多いと思いませんか?
 着ているものも、移動手段もシックで格好いいし、スパイ道具がアナログって言うのもポイント高いですよ!
 あとは、実際の映像を使えるのもこの時代が舞台の利点ですよね。ブッシュやヒトラー、世界大戦の映像などを用いることでよりリアルになりますから。
 
 
 
 
予告2

youtu.be

 
林修の特別授業

youtu.be

 
 

BOOM

2018/07/06

ブンブンサテライツの川島さん

亡くなられてしまったか。

人がなくなるのはいつでも悲しい。

ライジングサンでふらっと立ち寄ったブンブンサテライツ。

最高にかっこよかった。

 

どうにか、健康でQOLが高い暮らしが人々が出来る

社会にすると思う。そこに貢献できればと思う。

 

ご冥福をお祈りします。

いつものように、子育てルーム(児童館みたいなところ)へ行ってきたのですが、新たな変化があります。もちろん、めちゃくちゃ混んでます。みんな涼を求めてるんでしょう。

ひとつは、保育士志望の高校生が数人来ていて、子供たちと遊んでくれたこと。夏休みだというのに、単位にもならない、ただの自分の経験のためだそうですが。これが、子供への対し方がなんだかぎこちないないものの、「ちょっとでも子供をお願いして、ママ友とおしゃべりを」な〜んていうお母さん方には、とっても助かるのです。

中に一人、男子高校生の子がいるのですが、上の子は今日はすっかり気に入ってしまって、「○○お兄さん」と呼んでは、積み木したり、絵本を読んでもらったり、しまいにはひざにどっかり座ってしまって、すっかり仲良し&独占状態。以前の洗剤のボールドのCMじゃないですが、男性保育士さんも珍しくなくなってきてるみたいですけど、やっぱり、子供たちには人気なんでしょう。それにしても、みなさん、明日のワーキングマザーを助ける(だけじゃないけど)立派な保育士さんになってくださいね〜。

もうひとつは、新しいおもちゃが導入されていました。あの有名なネフ社の積み木、ネフスピールとリグノです。…、という名前は帰ってきた今、検索して知ったのですが。まぁ、ブランドを見て納得なのですけど、ルームで保育士さんに、「これは12000円もしたのよ」と聞いてびっくりなのです。いつものおもちゃで遊ぶ子供たちを置いて、大人の方がなんだか夢中になって積んだり、いじくりまわしたり。「どうやって遊ぶのかな?」と言い、ついつい先走りたくなる私のような大人は、検索した写真を見てしまったので、次はこういうふうにやって子供をびっくりさせよう、と思うのでした。本当はね、子供に発見させるのがいいのかもしれませんけど。

それにしても、ここのおもちゃはみんな品がいいというか、なんというか。なんて話をしたら、「だってここはベテラン保育士さんがおもちゃを選んでるんですもの」と、あっさり答えられてしまいました。当然でした。以前書いた、特注キッチン台(id:camelopardalis:20050603#p1)といい、みんないいものばかりで、やっぱりついつい通ってしまいます。そう、このキッチン、何が高くついたって、「子供がなめても安全な塗装」など、細部にまで注文をつけているせい、だそうです。へぇ〜。

今日は3月14日!いわゆるホワイトデーってやつですな。

男性諸君はいろいろお返しを考えるのが大変だったのではないでしょうか。知らんけど。

今年のバレンタインデーは義理チョコも含めて、僕は誰からも何ひとつ貰い物をしていないのでとても気楽に今日が迎えられました。

誰だよ今「ボッチめ...」って呟いたやつ。

 

誰と誰にどんなお返しをしなくちゃいけないかとかあれこれめんどくさいことに頭を悩ます必要がないってこんなに楽なことだったんですね。

f:id:kun-maa:20170313193750j:plain

スポンサーリンク

だいたいバレンタインデーもクリスマスも初詣も商業主義に踊らされるイベントごとが昔から嫌いだったから、ハロウィンだのホワイトデーなんて新参者はなおさら蛇蝎のごとく嫌い。特に扱いに困るのが義理チョコな。お返しがめんどくさくて僕の世界からようやく消滅した義理チョコに乾杯って気持ちでいっぱいなんだよ。

 

今年は扱いに困ることもない営業チョコも含めて本気でチョコレートの姿を見かけなかったチョコレート皆無のさみしいバレンタインデーを泣きながら過ごしたおかげで、平穏にこの唾棄すべきホワイトデーを迎えられることができて本当に孤独な幸せな気持ちでいっぱいなのさ。

 

たとえ仕事帰りに無数のカップルを見かけても羨ましくなんてないよ。

ああ、イベントに踊らされるのもいろいろ大変ですねって妬みながら通り過ぎることができます。いやいや、本当に羨ましくなんてねーし。

なーんの予定もない自由を謳歌しよう!さあ皆さんご一緒に!

孤独なホワイトデーを楽しもう...いや楽しんだら商業主義に踊らされていることになるのか。こういう時こそ淡々とすごさないとね。

ちっ!全然羨ましくなんてないや。あ、なんか今胸がチクっと痛くなったのはなんでだろ。涙が出てきたのは花粉のせいだよね。

 

全然強がってなんかいないんだ。孤独なホワイトデーがなんぼのもんじゃい。悔しくなんてないし。こういう時こそ瞑想と運動と野菜だな。

ちくしょう...なんて1秒も思ってないけどさ。 

2017ホワイトデー お返し 女性が喜ぶ お菓子 おもしろ【ホワイトデー 500円ギフト】

2017ホワイトデー お返し 女性が喜ぶ お菓子 おもしろ【ホワイトデー 500円ギフト】

  • 出版社/メーカー: RIMTAE(リムテー)
  • メディア: その他
  • この商品を含むブログを見る
 
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly  

www.reddit.com

マルチコアCPUで、Linuxが使用するコア数を制限するには、grub.confのkernelの行で以下の文を書き足す

(例)2コアだけCPUを使用する
maxcpus=2

メモリの使用量を制限するには、grub.confのkernelの行で以下の文を書き足す

(例)2GB(2048M)だけメモリを使用する
mem=2048M

――やり方をググったらThinkITの記事が出てきたのでこれを見て設定したのですが、この記事は間違いで、maxcpusの"s"が抜けていました。
制限設定した後、同じ記事にあった「cat /proc/cmdline」で確認していたのですが、これは単にパラメータを出すだけで、コアがいくつ使われているかは表示されません。……ということに気づきませんでした。/proc/cpuinfoをみると、しっかり8コア使われていて、なんてこったい\(^o^)/
そしてベンチマークをやり直すハメに\(^o^)/
今、リモート接続してベンチマーク中ー。

【4月27日】 K234  白い魔法使い  白い風  音13

f:id:mayamuluc249:20170427091941j:plain

今日は顕在意識に「白い魔法使い」のエネルギーが影響します。キーワード「重荷を背負ってあげる」「罪を許す女神」「魅惑する」

愛と許しがテーマです。

問題、トラブル等があっても誠実に対応しましょう。

許し、受け容れることが大切な日です。許せない物事、人だけでなく、自分のことも。

自分自身をいたわり、リラックスすることを心がけてください。

「陰徳積善」

徳を積んでいくことを意識してみましょう。

「白い風の13日間」13日目 

www.mayareki-muluc.com

音13の日。「超越する」キーワード「没頭」。現状を超越し、没頭することで集大成へ。この13日間の仕上げの日としましょう。

-----------------------------------------

今日で「白い風の13日間」が終わります。

スピリチュアルなエネルギーが強まる期間。

大切なメッセージを大切な人たちに伝えることができましたか?

また大切なメッセージを自分自身も受け取ることができましたか?

13日目の今日も、呼吸を意識して、メッセンジャーとしての役割を意識して過ごしてみましょう。自分へのメッセージ。自己対話。答えは自分の中にあります。

明日からは「青い鷲の13日間」が始まります☆

俯瞰的大局的に物事を捉えながら、クリエイトしていく期間になりますよ〜♪

さて今日は、今までやってきたことを整理する日。

大胆に捨てることで、もっと大きなものを得ることができるかもしれません。捨てる、手放すことを意識しましょう。無意味なことを切り捨て現実をシンプルにしてみましょう。

インラケッチ!今日も素晴らしい一日を♪

 

\新環境応援☆キャンペーン4月末まで!/

www.mayareki-muluc.com

  

\セッション・お茶会・講座承ります/ 

www.mayareki-muluc.com

 

 

 >>お申し込みはこちらから!

  

 

マヤ暦ライフクリエイター☆山下千草

------------------------------------------------

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

mayamuluc249☆gmail.com

☆を@に置き換えてください

 

擦り傷その後

2018/03/10

コケて割と派手な擦過傷を作ったが、幸い傷はそれほど深くなかった。でも普段慎重派だからあまり怪我をすることはなかったので多少凹んだ。(詳細は省くが自分が原因ではなかった)ロード乗りさんたちは擦過傷なぞ日常茶飯事で治療法とかも常識かもしれないけど、(粗い解釈)自分的には珍しかったので覚え書き。でも珍しいと言いつつ自分も日常茶飯事になったらちょっとやだなぁ。

実家の母は、ゲンタシン塗って乾燥させとけばーと言っていたが、調べてみたら今は湿潤療法が主流らしい。素人判断は危険かとは思ったが、私の場合傷は浅く汚れも酷くなかったので、湿潤療法試してみようかと。コケた直後にキズパワーパッド貼っていて、一度も乾いてなかったからいけそうかな、とも思ったし。(キズパワーパッドはサイズ合ってなくて帰宅後すぐ剥がしてしまった)


コンビニに置いてあるもので一番大きいのがこれしか無かったのだ。
普通の絆創膏でいいからジャンボサイズが欲しかった。

1日目、洗って傷に付かない減菌ガーゼにワセリン塗りたくって貼って就寝。つーか筋肉含めあちこち痛かったからロキソニン様のお世話になり安らかに。
2日目、洗ってラップで覆いテープで止める。1日2回取り替えたが滲出液がラップから溢れた。夜中氾濫したら怖いのでまたガーゼにワセリン塗って貼って就寝。
3日目、腫れ、化膿は無さそうなのでこのまま続行。傷の痛みはほとんどないけど、打撲の痛みがちょっとつらい。
4~7日目、傷表面は平らな感じになってきて、徐々に縮小。滲出液はまだ出ているけどこれも少しずつ減ってきている。傷の周りが広範囲で真っ黄色に染まってるのは多分打撲なんだろうね…よく見るとプツプツ内出血してるし痛い。湿布も貼れないのが辛いな。ラップで就寝。
8日目、傷に付かない減菌ガーゼ+ワセリンで外出したら擦れたようで滲出液復活。膝にラップ+テープは全く伸縮性が無くて動きづらいから油断した。巨大キズパワーパッドが良いのだろうけど高いし、今更だし。再びラップで頑張る。
9~11日目、治りが遅いのはやっぱ歳のせいかと自分を恨みながら傷を眺めラップを替える日々。周囲の黄色は薄まってきてるけど、ちょっと押すと痛い。これは長引くかも。
12~13日目、傷んだ皮膚がペラっと剥がれはじめてきた。順調に新たな皮膚も出来ていてあとはちょっと深かったとこがかさぶたになってるけど結構綺麗に塞がった。


これいいね、好きな大きさに出来る。

打ち身的な痛さが残って膝の曲げ伸ばしがし辛いけど、ぼちぼちロード乗ろうかな。



なぜ、あんなに、マイクロソフトのことを悪く言うのかね。

そういえば、マイクロソフトが、ヤフーを買収しようとしたときに、ウェブ上のニュースの論調は「ヤフーの社員は、生粋のマイクロソフト嫌い」と書いてあったが、たぶん、それを地でいく感じだろう。気持ちは、非常に、よくわかる。


さて、僕の知る限りのマイクロソフトを整理してみる。(事実と異なる点があると思うので、以下を引用する場合は、事実を確認してから引用してください。)

1970年代後半、世界最初のパーソナルコンピュータといわれる「アルテア」用に(まだできてないのに)「BASIC言語が完成しました!」と、はったりをかまして、アルテアの開発者の興味をひき、約束した納期までに、BASICを納めたことが発端となっているマイクロソフト。このときに、アルテア用のBASICを作ったのが、創設者の、ビル・ゲイツとポール・アレンである。(ちなみに、BASIC言語はこれより前に、ダートマス大学で作られている。)

8ビットパソコンが研究機関に配置されるようになり、彼らが、プログラミングに熱中しているさなかで、System360を擁する、「青い巨人IBM」は、家庭用のパーソナルコンピュータの開発にとりかかっていた。開発チームに与えられた時間は、トップダウンによる、非常に短い時間であり、買収に買収を重ねることで、期日を守ろうとしたが、どうしても、ひとつそろわないものがあった。それが、オペレーティングシステムである。
IBMは、当時の8ビットパソコンのスタンダードであった、CP/Mというオペレーティングシステムの販売権を得ようとしたが、CP/Mの版権を持つ、デジタルリサーチ社のゲイリー・キルドールは、その交渉の折に、旅行中で、IBMは契約を結ぶことができなかった。迫る期日に、頭を悩ませたIBMが声をかけたのが、マイクロソフトであったのだが、当時のマイクロソフトは、あくまでも、CP/Mなどのオペレーティングシステムの上で動くソフトウェアを開発する会社であったのであって、まさか、「青い巨人IBM」からの受注が、オペレーティングシステムだとは思わなった。あのIBMからの受注を、なんとかまとめようと躍起になっていた、マイクロソフトは、CP/Mをエミュレーションする、86DOSという、個人が作成したオペレーティングシステムを見つけ出した。マイクロソフトは、エンドユーザーが、IBMだとは明かさないまま、86DOSの全権利を、格安で買い取り、それにアレンジを加え、MS-DOS 1.0 としてIBMに提供した。そして、これは、IBM-DOSとなった。

同じころに、パロアルトで、Altoに出会っていたスティーブジョブズは、いわゆるGUIを、Machintoshとして、世に送り出していた。CUIであるMS-DOSの、次のフィールドは、グラフィカルな環境であることに間違いはなかったが、マイクロソフトにとってのそれは、経緯的に頭が上がらない、IBMの、OS/2であるはずだった。しかしながら、OS/2が、80年代後半から、90年代前半に、一般家庭まで浸透しなかったことをかんがみると、OS/2には、ハードウェア制約の厳しさや、オペレーティングシステム自体の品質、あるいは、性能に問題があったのだと思われる。一方で、そのころのMachintoshのOSであった、System7は、頻繁にフリーズするもので、まだ、マニアのものという感覚でしかなかった。
とは言うものの、マイクロソフトには、MS-DOSの上で動く、マイクロソフトのソフトウェアや、ロータス1-2-3、また、日本における一太郎を、UNIXのX Window Systemのような、グラフィカルで、マルチタスクな環境で動かしたいという声が寄せられるようになる。結果的に、マイクロソフトは自社のソフトウェアを動かすために、GUIを開発することを決断したのだと思う。(かなり推測)

ところで、マイクロソフトには、いくつもの開発環境がある。MASM、MS-C、MS-Fortran、MS-BASIC、Quick-BASIC、Quick-C、Visual Basic、Visual C++、Visual C#.NETとVisual Basic.NET。お気づきの方もいるかと思うが、マイクロソフトは「言語」そのものを自社で作っていない。Cは、UNIXの副産物として、ベル研究所で作られたものだし、FortranはIBMが作ったものだ。BASICは、前出のダートマス大学で、すでにできていたし、Visual Basicは、BASICをWindowsに特化させただけのものである。本当かどうかわからないが、ボーランドのDelphi(Object Pascal)がWindowsの開発標準となりつつあるなかで、マイクロソフトは、Visual Basicの開発ために、ボーランドのエンジニアを、多数引き抜いたといわれる。言うまでもなく、.NET Frameworkは、(Javaより優れた面はいくつかあるものの)Javaのマイクロソフト実装であり、果てに、マイクロソフトは、ビル・ゲイツの後継者として、ロータスノーツの生みの親である、レイ・オジーを迎えるまでに至る。要するに、マイクロソフトは1から何かを、作り上げているわけでもないし、その実装に至っても、完全に自社で作り上げているとは言えない。

マイクロソフトとインテルは、コンピュータ業界を「意図的」に支配しようとしているという言われ方をされてきているのだが、これまでの背景を整理すれば、「意図的」ではなく、単に必要に迫られているから作っているだけであって、本当は、オペレーティングシステムなんて、本当は、作りたいと思っているわけではないと思う。
開発環境がたくさんあるのも、仕方なくつくった、オペレーティングシステムの上で、一般的な言語を動かすための、環境づくりをしているだけなはずである。これは、消費者の需要を満たすことが最重要である、サービス業としては当然のことであって、彼らは、単に「ソフトウェアを作りたい」だけなんだと、僕は思っている。(主観)

これらをふまえたうえ、今日のダイアローグ。

「30年後にいまのパソコンが使えているとは思いませんけどね。」
「いや、そうとも限りませんよ。Windows XPは近年のWindowsとしては、5年の寿命があった。Vistaには、XPと比較した、いろいろな批判が寄せられているが、VistaをベースにしたOSの寿命は、延びていくだろうから、パソコンの寿命も、延びていくと思いますよ。」
「いやいや、XPから、Vistaが出るまでに5年もかかったのは、寿命ではなく、リリースできなかったんですよ。Vistaは、カーネルから作り直してますからね。OSの寿命と、新しいOSがリリースされることを勘違いしないでいただきたい!」
「うん…、確かに、それはそうかもしれませんね…。」


正論だ。これまでのオペレーティングシステムの寿命は2年か3年といわれてきたなかで、Windows Vistaと、Windows XPの間には5年もの歳月がある。これは、確かにかかりすぎだ。出せなかったという言い方は至極当然の言い方だと思う。

しかしながら、サービスパックを出しながらといえど、Windows XPを5年もひっぱったのは、Windows XPが、Windows NT系のオペレーティングシステムとして、成熟の域に達していたからであって、新しいオペレーティングシステムを、リリースする必要に迫られていたわけではないと思うのである。セキュリティホールはともかく、Windows XPに、何か、20年前と同じような不自由さを、感じたことがありますか?これは、Windows XPのサポート期間を延長する動きがあることで、十分に証明されていると思いますよ。


マイクロソフトのことを、悪だというのは、申し訳ないですが、時代遅れだと思います。彼らのオペレーティングシステムの上で、我々はVisual Basicを書いてきたんです。彼らのオペレーティングシステムがなければ、我々は、この15年の間、仕事ができなかったんです。難しいかもしれないですが、ビル・ゲイツには、たったひとつでもいいですから、お礼の言葉を用意してください。

パソコンは、我々の生活に、密接に関わりあっています。メイル、デジカメ、年賀状、そして、Googleと、我々の生活は、パソコンなしでは成り立たなくなりつつあります。ユーザのスキルはともかく、これから、その距離はどんどん縮まっていくでしょう。そう、それはテレビとか、ステレオのように。ブラウン管テレビの寿命は10年以上です。ステレオも、大事に使えば、テレビより長持ちします。パソコンもそうあってもらいたくないですか???



…なーんて。なんだ、この宗教的な議論。なんか、アツくなってるshinさんもカッコ悪いね。パソコンなんて、なくても生きていけるのにね。
 
 

追伸:
実は、僕も、マイクロソフトはあまり好きじゃないです。(大笑)
 
 

メリークリスマス!

皆さんはいかがお過ごしですか?w

私はですね…。

ご想像にお任せしますw

 

さて、今回紹介するのは日産 エルグランドです。

今月19日に特別仕様車「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」が発売されました。

エルグランドファンの私としては、このニュースを取り上げない訳にはいきませんw

 

名前からも分かる通り、これは「ハイウェイスター アーバンクロム」の内装に、ホワイトレザーをあしらったもの。

既に公式ホームページに掲載されていますが、これがなかなか高級感があります。

ただ、今回は特別仕様車の追加のみなので、自動ブレーキ等の安全装備の追加は無いみたいです。残念!

 

しかし、この時期にこれを見ると、どうもクリスマスを意識してしまいますw

何ででしょうね。やはり白さが雪を連想させるんですかね?

サンタクロースにこの特別仕様車、似合いそうですよね。

サンタさん、この機会に是非ご検討くださいw

セールスマンですか私はw

 

最近元気が良くなってきた気がする日産。

今後にますます期待が高まりますね。

 

今日はこの辺にしようかな。

それで残りのクリスマスを楽しみたいと思いますw

 

それではまた!