いつものように、子育てルーム(児童館みたいなところ)へ行ってきたのですが、新たな変化があります。もちろん、めちゃくちゃ混んでます。みんな涼を求めてるんでしょう。

ひとつは、保育士志望の高校生が数人来ていて、子供たちと遊んでくれたこと。夏休みだというのに、単位にもならない、ただの自分の経験のためだそうですが。これが、子供への対し方がなんだかぎこちないないものの、「ちょっとでも子供をお願いして、ママ友とおしゃべりを」な〜んていうお母さん方には、とっても助かるのです。

中に一人、男子高校生の子がいるのですが、上の子は今日はすっかり気に入ってしまって、「○○お兄さん」と呼んでは、積み木したり、絵本を読んでもらったり、しまいにはひざにどっかり座ってしまって、すっかり仲良し&独占状態。以前の洗剤のボールドのCMじゃないですが、男性保育士さんも珍しくなくなってきてるみたいですけど、やっぱり、子供たちには人気なんでしょう。それにしても、みなさん、明日のワーキングマザーを助ける(だけじゃないけど)立派な保育士さんになってくださいね〜。

もうひとつは、新しいおもちゃが導入されていました。あの有名なネフ社の積み木、ネフスピールとリグノです。…、という名前は帰ってきた今、検索して知ったのですが。まぁ、ブランドを見て納得なのですけど、ルームで保育士さんに、「これは12000円もしたのよ」と聞いてびっくりなのです。いつものおもちゃで遊ぶ子供たちを置いて、大人の方がなんだか夢中になって積んだり、いじくりまわしたり。「どうやって遊ぶのかな?」と言い、ついつい先走りたくなる私のような大人は、検索した写真を見てしまったので、次はこういうふうにやって子供をびっくりさせよう、と思うのでした。本当はね、子供に発見させるのがいいのかもしれませんけど。

それにしても、ここのおもちゃはみんな品がいいというか、なんというか。なんて話をしたら、「だってここはベテラン保育士さんがおもちゃを選んでるんですもの」と、あっさり答えられてしまいました。当然でした。以前書いた、特注キッチン台(id:camelopardalis:20050603#p1)といい、みんないいものばかりで、やっぱりついつい通ってしまいます。そう、このキッチン、何が高くついたって、「子供がなめても安全な塗装」など、細部にまで注文をつけているせい、だそうです。へぇ〜。